細胞を整列させるためのスタンプ

 一枚のディッシュ内で、心臓を形成する心筋細胞と心線維芽細胞を共培養するシステムを確立することが目的。心筋細胞が接着するために必要な細胞外基質タンパク質をディッシュ内にライン状にコートし、それに沿って培養するために使用するスタンプをPDMSで製作した。スタンプの大きさはおよそ20×20 ×高さ10 mmで、その表面に対して、凹部幅10μm、凸部幅20μm、深さ5μmのラインアンドスペースのパターンを配置した。

心筋細胞パターニング用PDMSスタンプ