ビシッと位置決めで、準備サンプル数削減!

 ダイヤモンドアンビルセルは、手回しネジでホルダーに圧着させ、ホルダー内部を通る水温で温度調整することができる。また、XYZ方向の移動はマイクロメータ―ヘッドで調整が可能で、測定光の光軸とのずれをサンプルに合わせて簡単に微調整することができ、準備するサンプル数を最低限に抑えることができる。

高圧セルホルダー